過食嘔吐をしない日が増えてきて、普通の生活が身についてきた【体験談7】

本気で克服に向かう為にやったこと【体験談6】
↑体験談5の続きです。 過食嘔吐も酷くなり、体にも影響が出てきて「治そう!克服しよう!」って決意しました。 その後・・ ...

↑体験談6の続きです。

摂食障害(主に過食嘔吐)を克服する為に意識したことなど書きました。

ここから克服への道が開けていきます・・

嘔吐も少なくなってきたけど太ってきた

嘔吐しない事を意識してると太ってきます。

食べる量はあまり変わらない・・ちょっとづつでいいんだ。

今までは吐いていたから太るのを抑えられていたんだけど、吐いてないから太る。

これは当たり前のこと!

これを受け入れて過食嘔吐を治す!と決めていた。

でも実際太っていって鏡を見ると「あーなんて体なんだ、治らなくていい。吐きたい」って何度も思いました。

もう脳がおかしくなってるんですね・・

体への悪影響<痩せる

この方が大事。

でもこれを乗り越えて「太っても大丈夫」って思う事が克服へとつながりました。

美味しく食べる

過食嘔吐をしていた時は正直味はそこまで気にしていませんでした。

それより「この料理は吐きやすいか」「量がどれだけあるか」とかばっかり考えていて美味しく食べることを忘れていたんです。

嘔吐が少なくなり、お腹が空いたからご飯を食べるっていう感覚を身につけだした頃かな?

料理が美味しく感じてきたんです!

もう感動しました。

「こんなに美味しく食べれるのは久しぶりだー」って。

そして美味しく頂いた料理は決して吐こうと思いません。

この繰り返しが徐々に過食嘔吐をなくしていきました。

普通の生活を思い出し

過食嘔吐が落ち着いてきて、普通の生活を思い出しました。

同時に彼氏や家族との食事が楽しくなり、時間も有意義に使えるようになってきました。

変な話、過食嘔吐って時間がかかるんです。

これから過食嘔吐をする!って時には、過食する食べ物を集める(買いに行く)→食べる→吐く→歯磨きっていう順番。

この間に1時間半くらいは時間使ってたと思います。

もったいないな・・時間。

でも過食嘔吐をしなくなってきたことによってこの時間を有意義に過ごせます。

そう!普通の生活に戻ってきたんです!!

正直この頃から、太ってても体調がいい!って感じでした。

体が悲鳴を上げていたんですよね・・

もう吐かないでって。

ここまで

21歳になる手前でしょうか・・

もっと前だったかな?

この頃からもう過食嘔吐完治へ道は開けてました。

シェアする

フォローする